EUのWindowsのブラウザ選択画面に採択されました

いつもLunascapeをご利用いただき、ありがとうございます。
日本時間の8月26日より、欧州連合(EU)にて、Windowsのブラウザ選択画面にLunascapeが採択され、掲載されましたことをお伝えいたします。
ブラウザ選択画面はマイクロソフト社がEUとの合意の下に運営する、規定のウェブブラウザを選択する画面です。
この画面は欧州版Windows7の新規インストール、もしくはWindows アップデートの際に表示されます。Lunascapeは現時点では国産ブラウザとしては唯一この選択画面で表示されています。
ブラウザ選択画面(英語版)
Lunascapeは今後とも世界中でご利用いただけるウェブブラウザとして展開していきます。

Lunascape6.3をリリースしました

本日、Lunascape6.3 ORIONをリリースしました。
Lunascape6.3 ダウンロードサイト
Lunascape6.3 は新要素として多言語対応を行いました。日本語版は独自インストーラーとなっているため、言語選択画面は表示されませんが、他言語の Lunascape6.3をインストールする際には言語を選択するメニューが表示されます。また、これまでにご報告いただいた、多数の不具合修正も行っています。
※多言語対応による仕様変更のため、Lunascape6.2.1以前をご利用の方はメニューの表示およびカスタマイズの一部がバージョンアップの際にリセットされます。カスタマイズはバージョンアップ後再度設定ください。
詳細はリリースノートをご覧ください。

Lunascape6.3βをリリースしました

本日、Lunascape6.3βをリリースしました。
テスト版ダウンロードページ よりダウンロードいただけます。
Lunascape6.3βでは複数の言語が1つのインストーラーにまとめられ、初回インストール時もしくはLunascape6.2.1からのバージョンアップ時に利用したい言語を選択することができます。
※選択した言語を変更する場合は一度アンインストールした後に再度インストールすることが必要です。
この他にもLunascape6.2.1までに報告された多数の不具合を修正しています。
詳細はリリースノート をご覧ください。

Lunascape6.3βではGeckoエンジン3.5.11を同梱していますが、別途Luna Labから
Geckoエンジン3.6.8 をダウンロードし、特定の手順を経ることでGeckoエンジンのみをバージョン
アップすることが可能です。
Lunascape6.3β用のGeckoエンジン3.6.8はLunascape6.2.1以前ではご利用できませんので
ご注意ください。

Lunascape6.2.1をリリースしました

本日、Lunascape6.2.1 ORIONをリリースしました。
Lunascape6.2 ダウンロードサイト
Lunascape6.2.1はGeckoエンジンを最新バージョンである3.5.11に変更するとともに、Tridentの設定に「自動切り替えモード」を追加するなど、幾つかの機能追加と仕様変更を行っています。
また、Lunascape6.2までに報告された多数の不具合修正も行っています。
詳細はリリースノートをご覧ください。
Lunascape6.2.1ではGeckoエンジン3.5.11を同梱していますが、別途Luna Labから
Geckoエンジン3.6.8をダウンロードし、特定の手順を経ることでGeckoエンジンのみをバージョン
アップすることが可能です。
Geckoエンジン3.6.8はLunascape6.2.0以前ではご利用できませんのでご注意ください。

Lunascape6.2.1βをリリースしました

本日、Lunascape6.2.1βをリリースしました。
テスト版ダウンロードページよりダウンロードいただけます。
Lunascape6.2.1βはGeckoエンジンを最新バージョンである3.5.11に変更するとともに、Tridentの設定に「自動切り替えモード」を追加するなど、幾つかの機能追加と仕様変更を行っています。
また、Lunascape6.2までに報告された多数の不具合修正も行っています。
詳細はリリースノートをご覧ください。
Lunascape6.2.1βではGeckoエンジン3.5.11を同梱していますが、別途Luna Labから
Geckoエンジン3.6.8をダウンロードし、特定の手順を経ることでGeckoエンジンのみをバージョン
アップすることが可能です。
Geckoエンジン3.6.8はLunascape6.2.0以前ではご利用できませんのでご注意ください。